GRIP compass

外国人採用成功マニュアル

HANABI HACKイベントレポート〜日露共同開催による日系初のハッカソン!

f:id:ikorih_y:20190708174531p:plain
2019年6月29日・30日の2日間に、モスクワにて、日ロのIT産業をブリッジするコンサルティング会社SAMIとの日露初の共同開催による「HANABI HACK」を開催しました。

日系のハッカソンイベントは現地でも珍しく、日本のプロダクトに興味のあるITエンジ

ニア260名を超える応募があり、その中から厳選された50名15チームが参加しました。

 

中には、日本で滞在したことがある方や、日本語話せるエンジニアも見かけました。

 どこの国でも日本大好き選手がいるので嬉しい限り。

f:id:ikorih_y:20190708174436p:plain

 

開会の際にまずは、参加チームの自己紹介から始まり、grooves東京オフィスと繋いで、forkwell事業部長赤川とプロダクトマネージャー谷内から課題の発表がありました。

 

今回の課題は、Forkwellの思想をよりグローバルに発展させるためのお題で

課題1: ITエンジニアの技術力を可視化せよ!

課題2:エンジニア同士が、学びあえるプラットフォームをつくれ

 

どちらもエンジニアによるエンジニアのためのプロダクトづくりという視点で取り組みます。参加者はどちらかの課題を選んで取り組むことになります。

 

f:id:ikorih_y:20190708174641p:plain

 

その後、Master classと題して、Forkwell技術顧問の松本亮介氏より「mruby meets nginx」と題して、レクチャーが行われました。

nginxはロシアのソフトウェアであり、それに日本のソフトウェアであるmrubyを組み込んだngx_mrubyの話を展開されました。松本氏はそのngx_mrubyの作者。まさに日露の架け橋的レクチャーになっていました。

 

f:id:ikorih_y:20190708174852p:plain

 

ハッカソン中では、東京のgroovesオフィスと繋いで直接の質疑応答のやりとりも。

中には、鋭い質問やアイデアにForkwell開発チームも唸りを上げる一面も。

 

f:id:ikorih_y:20190708174921p:plain

 

最終プレゼンは、各チーム5分+質疑応答

母語ではない英語でのプレゼンテーションながらも、しっかりとした発表資料。バックエンドからフロントエンドまでプロダクトの作り込みを終えているデモプロダクトにスピード感・レベルの高さを感じます。

また、多くのチームがプロダクトにMLを取り入れており、PyTorchなどを活用したエンジニアの定性的なアウトプットの解析などハイレベルな取り組みが多く見られました。

 

f:id:ikorih_y:20190708175015p:plain

 

最後に優勝は、このFoxhound。モスクワ工科大学の構成の先生と教え子で編成されたチームでした! おめでとう!

Forkwellのエンジニアのスキルを可視化するというミッションに、コードの質を分析し見えるかしつつ、さらにMLでアドバイスまで自動化してしまうというものでした。

正直、「そのまま、明日から一緒に開発始めましょう」と言いたくなるぐらいの完成度でした。

 

Forkwellは、 世界のエンジニアのスキルを可視化するというミッションのもと、グローバルサイトへと生まれ変わりました。

現在は、日本国外からの利用も進んでおり、このようなイベントを通して、日本企業と優秀な海外のエンジニアをつなぐプラットフォームへと成長しています。

 

 

当ハッカソンは、現地のニュースメディアSPUTONIKにて紹介されました。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201907056438017/

 


 

世界中から最適な人材を採用! 外国人採用支援ならGRIP ON

GRIPON_728-90